FC2ブログ

ウォレットの修理思案中

2015年1月から使っているエイ革をインレイしたウォレットの
エイ革が割れたところが見つかり、直すことにしました。

財布1

写真は前のものです。
(下手糞)

このウォレットの型紙はCADで作ったので
現在、修正版を作成中です。

相変わらずのダラダラです。

ほんながでまた。
スポンサーサイト

贈り物

金沢は昨日の夜「雪雷(ゆきかみなり)」が鳴り響き、今朝はさぞ雪が積もって
るんだろうなぁと目覚めて、大して積もっていなくてほっとしたところです。

今回は、鞄を作る過程でできた小物入れをつくりました。
いつもお世話になっている方に渡そうと思っています。

20190126_1

20190126_2

20190126_3

最初に作ったものは、自分用にして針、糸やら蜜ロウを入れてます。
二番目に作ったものは嫁さんにあげました。まあまあの好評いただき、
鏡台でリップやらを入れて使っています。
そして今回の三番目は使ってもらえると嬉しいのですが.....

刺し子の柄は「二重の籠目」
両側に同じ柄を入れてあります。
底は糸がすれて切れるとみっともないので入れてません。

寒なってきた。

ほんながでまた。

刺し子 なんとか終える

3度目の正直でなんとか完成しました。

20190111_2

20190111_4

20190111_1

縫い目もとりあえずよそ様に見せられる程度になり、お披露目です。

刺し子の糸の色は1回目、2回目は白とベージュで縫っていたのですが、
さすがに3回同じ色で縫うことに飽きてしまい、黒のサドルにあえて
黒の糸で刺し子入れたらどんな感じになるかなぁ なんて思い
白と黒の糸で刺し子を入れてみました。

20190111_5

結果オーライということにしました。

中身がまた苦労したのですが、
20190111_3

よく見るラウンドファスナーウォレットは、両側にマチを付けてポケットにしていますが、
今回のウォレットは片方のマチを取って大きく開くようにしてあります。
なぜ取ったものを作ったかと言うと
こういうヤツ作れない?と知人に言われたからです。

ただ単に片方のマチを取ればいいだけと思っていましたが、
そうはいかず、それが1回目の失敗の一つとなりました。

20190111_6

片方のマチを取っただけだと、マチのある部分(札やレシート入れ)の底が抜けてしまい。
入れた物が下からはみ出してしまうので、
底を作らないといけません。

なので3回目は型をすべて作り直して作ってます。

しばらくラウンドファスナー作りたくない。

ほんながでまた。

三度目の正直

現在、ウォレットを作成中です。

年内に完成を目指してましたが、2回目も寸法を見誤り
やり直す羽目に.........

しかし2回目をしくじった時は1回目に比べて凹みは少なく、
すぐに3回目に入ったのでした。

20181231

3回目は慎重に作成しています。

1回目の失敗を糧とし
作成手順を一番手間のかかる失敗の少ない方法を選び
ゲームの合間にダラダラ作成しています。

小銭入れ部分のファスナー切って合わせるだけで1時間とか
刺し子を入れると革が少し伸びてしまうのですが、
伸びた部分をカットするだけで30分とか時間かけまくり

とりあえず完成を目指します。

ほんながでまた。

よいお年を

やめどきか

徐々に寒くなってまいりました今日この頃

刺し子のラウンドファスナーウォレットを作っていたのですが、
失敗しまして.....

中の縫い目が汚すぎてとても見せられるレベルではなく
何年革やっとるんやお前は!
と本当にやめてやろうかと言うくらい凹みました。

今は修正版の型を作っており完成はまだ、ほど遠くです。

ちなみに縫いを始めると必ずやってくる家族がおりまして
この子を見て、ほっこりしています。

ミー1

糸で遊ぶのが好きなようです。
ほぼ必ず中断してしまいます。

ミー2

この子が糸に飽きたら縫いが再開します。

がんばりまーす。

ほんながでまた。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR